日焼け食事

日焼け 食事

■日焼け 食事
日焼けのケアに食事も大きく影響します。

日焼けをしたら、まず冷やすこと。
これは鉄則です。

ローションやクリームはほてりがおさまってからです。
いきなり美白美容液などを塗るのもいけません。

そのあとは、しっかり水分補給とバランスのとれた食事です。

日焼けにより傷ついた皮膚の細胞を修復させるには、α-リノレイン酸を多く含む大豆や豆腐がベストです。

肌のダメージを回復させるには、新陳代謝を活発にする必要があります。
それにはビタミンA、C、Eがかかせません。

ビタミンA、C、Eが比較的多く含まれている食品といえば、

ビタミンA−うなぎ、卵黄、バター、カボチャなど
ビタミンC−柑橘類、芋類、大根、海苔、緑茶など
ビタミンE−胚芽米、玄米、植物油、豆類、サンマなど

ただ、ビタミンCが肌に良いといっても、レモン、ライム、パセリ、セロリ、春菊、みつばにはソラーゲンという物質が含まれているということです。
このソラーゲンには光毒性があり、一度にたくさん食べて直射日光を浴びるとシミができやすくなるといいます。
海や山に出かける日は避けた方がいいかもしれません。

人工甘味料や防腐剤、精神安定剤や抗生物質なども種類によっては日光に過敏に反応するといいます。
シミの原因となります。

また、アルコールは日焼けしやすくなるといいますので、屋外でのビールには気をつけたほうがいいようです。

日焼けをする前にも、した後にも、紫外線で破壊されるβカロチン、ビタミンAの補給は大事です。
肌の老化の敵、活性酸素を除去する働きがあります。

日焼けケア

日焼けケア アロエ

■日焼けケア アロエ
日焼けケアアロエを使用する方法があります。

日焼けといっても、これは火傷と同じ症状です。
肌が赤くなったり、ヒリヒリする症状から、水疱ができ、痛みがある症状までいろいろです。

アロエで行えるケアは、赤みがある、ヒリヒリするという程度の症状です。
水疱ができてしまっているような場合は、皮膚科による治療が必要です。

アロエによるケアも、十分に水で冷やすことから始まります。
日焼けでほてった体を十分水で冷やした後、アロエの皮をめくりゼリー部分を直接貼り付けます。

アロエが乾燥すれば新しいものと取り替える。
これを繰り返します。

また、アロエの汁を絞って、肌につける方法もあります。

日焼けによる肌の乾燥や、肌荒れの症状改善に効果が期待できます。

最近ではアロエ成分配合の化粧水もいろいろなメーカーから発売されています。
それらをうまく使用することで、もっと手軽にケアができます。

日焼けした、と思ったらまずは十分に体を冷やすこと。
それだけでも水疱を防げる可能性が高くなるといいます。

アロエケアはその後で十分です。

日焼けケア

日焼け ケア

■日焼け ケア
日焼けケアの第一は、まず冷やすこと。

水風呂、冷水シャワー、濡れタオル。
とにかく、ほてった状態がなくなるまで十分に冷やすことです。

日焼けケアはすぐに始めるほうが効果は高くなります。
冷却スプレーを利用する方法もあります。

直接冷やすと痛みがある場合は、ガーゼやタオルを当ててから冷やす方法があります。

日焼けケア商品をいきなり塗る人がいますが、日焼けした肌の炎症を悪化させる原因にもなりかねません。
まず、水で冷やし、ケア商品はそれからでも十分です。

また、アロエやハーブの一種、ティートリやラベンダーも日焼けケアに効果があります。

アロエを使用する場合は、
水で冷やした後、皮をめくりゼリー部分を患部に貼り付けるか、汁を絞って肌につけるかします。

ティートリやラベンダーを使用する場合は、
洗面器に水を入れ、ラベンダーなどのエッセンシャルオイル3〜4滴をたらし、ガーゼ等を浸し、軽く絞って肌にあてます。

また、体は水分を失っていますから水分補給も忘れないように。

日焼けのほてりがとれたら保湿効果のクリーム等を塗ります。
これを怠るとシワシワ肌の原因となります。

もし、症状が改善しない、または水ぶくれができた。
ひりひり痛くてどうしようもない。

これは火傷の状態ですので、皮膚科を受診する必要があります。


  1 2 3  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。